航空写真で見る中世城館跡(高田城)

最近全然活動してないのでたまにはなにかしてみるテスト

Cku748_c15b_24 写真は国土情報ウェブマッピングシステムで提供されている国土画像閲覧システムに収録されている空中写真です。昭和49年の豊後高田。
まあなんですよ、GoogleEarthが豊後高田とかの高解像度画像がないのでこういうの使わざるえないんだけども。

桂川東岸、写真中央から北東の丘陵の南西端が高田城跡です。北東の方は区画というか堀の跡が緑の線になって見る事が出来ますけど他はさっぱり。近世城郭としては短い歴史なんですがね。江戸時代の大半は島原藩の飛び地管理の陣屋だし。

続きを読む "航空写真で見る中世城館跡(高田城)" »

googleEarthで見る中世城館:西山城編

豊後国守護大友家の館のうち、西山城(上原館)とよばれているところはまったくもって宅地化されていて地上からはよく分からないのだけど、GoogleEarthでみると結構わかったりします。今回はちょっとそれを紹介してみましょう。

なんかポップアップしてくれないので、画像は右クリックの「リンク新しいウィンドウで開く」で見てクダサレ。

続きを読む "googleEarthで見る中世城館:西山城編" »

古城更新11/20

かなり遅くなったけど前に書いた南山城・山野城を追加しました。
あとGoogleEarthの画像とか幾つか画像を追加。up用PCの中に画像が残ってたやつは案内板をうpシタデスヨ。

山野城&南山城

久住方面行ったついでに山野城と南山城行ってみました。まあ地図忘れてちょっと難渋したけどorz
両方とも広域農道に入口があって、小さい標識があるので気をつけてみれば上り口が分かります。まあ山野城は林道を登って行く事になるので、あまり大きな車で行かない方が吉。メインではないけど、黒岳・大船山の登山口へ行く道になってるので他にも車が通るのですよ。鉢合わせるすると離合に苦労することになります。

続きを読む "山野城&南山城" »

第4集総集編借りてきました

以前大分県立図書館で予約していた大分県文化財調査報告書第170輯大分の中世城館第四集総論編が戻ってきたそうなので、今日借りてきました。そのときに間違って違う人が予約していた第三集も出してきたのだけど、意外とこういうの借りる人結構居るのかな?まあ私が借りたい時に借りたい巻がいつも貸し出し中だったりするわけだけどw
おかげで長らく貸出用があるの気づかなかったしorz

気が向いたらこれをネタになんかページ作ってみるデスヨ。

10月なのに暑いよ

あつー。もう10月も半ばだってに暑くてたまらんからとうとう昼休みに半袖に着替えたヨorz
これがもうしばらくは続くそうで、しかも朝は平年並みにそこそこ寒いので体調崩し気味。室内で風が止むと汗が吹き出るよ・・・。

それはそうと古城探訪館をプチ修正しました。トップページに作った経緯のせたり大分の合戦のリンクをトップページに移したりで内容には特に追加はないですのでもう行ってる人は見る必要はないけど。

あとGoogleにGoogleEarthから得た画像に手を加えて城郭の範囲とかを示せるようにしていいかってサポートページからお伺いをたててるのだけど、未だ音沙汰ありませんorz
まあ普通考えたら許可ださねぇよなぁ。改変になっちゃうし。権利関係めんどそうな気がするし。ダメならダメでいいし、検討するならそれはそれで連絡くれないかなぁ・・・。英語のコミュニティ見れってのは勘弁して。

古城更新

大分古城探訪館更新・・・といってもこの前ここに書いた奈多城と超手抜きコメントだった高田城のコメントを付け足しただけなんだけども。

岡城攻防戦の図はやる気が湧かないので当分アキラメテクダサイ

気が向いたら体育の日に長岩城行ってくるのでそれで勘弁してw

中世大友再発見フォ-ラムⅡ

10月8日に大友氏遺跡現地説明会及び苅谷俊介さんの特別講演・パネルディスカッションがあります。大分市顕徳町の大友館跡の見学会です。これに関連して「よみがえる宗麟の館跡」CD-ROM先着300名プレゼントがあるのですが・・・応募するのすっかり忘れてたorz

不覚・・・

奈多城跡

シュークリームを食べた同じ日に、というかその前に仕事で杵築に行ったのでついででちょっと足を伸ばして奈多城跡に行ってみました。

場所は奈多宮の少し先。報恩寺の裏あたり。海辺は海水浴場のある奈多海岸です。この城は奈多宮の大宮司であった奈多氏の居城。大友宗麟の正妻はこの奈多氏の出身です。

Pdrm5505 現状は畑になっていて地上からだと分かりにくいのですが、上空から見ると区画がはっきり分かります。まあそれでも堀切状の坂道を登った先が平削地に切り開かれているのでかなりそれっぽいですが。

Nata で、これがGoogleEarthから取った画像(ポップアップするので大きくしてみて)。中央左上に見える木に囲まれた台形の畑作地が城跡。ハッキリ分かるでしょ。大分はまだまだこのレベルの解像度の地域は少ないので、これだけハッキリ分かる中世城館は他には少ないです。というか他には無いかも?まあ大半が山林に帰っているので仮に解像度が高くても区画を探すのは難しいけど。史跡になってるところでも森の中ではちょっと。

Kimure 騎牟礼城みたいに公園化されてればまあなんとか分かるレベル。ちなみにこの近くの岡城はまだこのレベルの解像度で収録されていませんorz

58000円

があああああああああああああああ、ネットの古本屋に大分県郷土資料集成があるぅぅぅ。
でも2冊で5万8千円とか買えねぇぇぇぇぇぇぇ。3か月分の予算が飛びますorz
大友史料・編年大友史料も4冊で4万5千円。

誰か買ってw

より以前の記事一覧

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter