BB

先日プレステージに続いてブラックブックをみにいってきました。まぁ例によって詳しい話は知らんかったのですが、結局また暗いのね。

まあプレステージみたいな気持ちの悪い後味の悪さ・暗さじゃないけど。面白かったのは確かだし。でも大分ではシネマ5で上映してたのだけど、あそこ上映期間が短いのよね。いい作品なのに。まあその分単館でもいろいろやってるのだけど。
次はしゃべれども しゃべれども観に行くつもりデスヨ。その前にある秒速5センチメートルはどうしようかな・・・

そういやエヴァンゲリヲンはシネマ5でやるのね。今知った。見に行くかどうかは結構微妙な所。

偉業

先日プレステージを観に行ってきました。実はどんな内容なのかよく知らなくて評判だけで行ったのデスヨ。
イリュージョンバトルで楽しい映画と思ったら違うのね。後味悪っ。あと個人的には最後の種明かし(?)は無くても良かったんじゃないかぁと思ったデスヨ。

サスペンス的な作品が好きな人にはいいんじゃないでしょうか?

墨・・・

昨日の夜、友人と「墨攻」を観に行ってきました。いやぁ、長いねこれw
実は上映時間知らなかったのですが、2時間半は長いな。終わって時計見てびっくりしたデスヨw

この作品、原作を読んでない、というか知らんのですがまあ面白かった、と思うデス。でもなんか後味が悪いなって点で友人と意見が一致しました。まあなにがなんでもハッピーエンドってのもどうかと思うが。
詳しい中身・感想については書くのめんどくさいので他の人のブログでも見てくださいw

ちなみに私は巷淹中役のアン・ソンギが一番かっこよかったと思ったデスヨ。

昨日の大河を見てたら

昨日から始まった今年のNHK大河ドラマ「風林火山」私も見てたのですが、勘助が身に着けていた摩利支天の彫金細工が一瞬JAの「ちょきんぎょ」に見えたヨw

勘助ってむーんれいす?(をぃ

え?、真面目な感想?そんなものをここに期待しちゃいけませんw
そんなよだきー事は人におまかせ~

宣戦布告

以前宣戦布告という映画がありました。原作は読んでないのだけどDVDを借りて観ました。随分と前の話だけど。その時の事をふと思い出しました。

この映画って某北の国の工作員の原発地帯潜入が発覚してテンヤワンヤになるお話で、「自衛隊を動かせば、北に『宣戦布告』したことになる」ってことで自衛隊出動を逡巡する(自衛隊の前にSATで対応して死者出したあげくお手上げ)のだけど、これって「北の工作員じゃなかったことにする」でよかったんじゃないかな?

北に「おたくの工作員じゃないですよね?」(笑)と問い合わせて、どうせまともに答えないだろうからとっとと「北の工作員に見せかけた重装備のテロリスト(北に確認済みってするとベストだけどやりすぎかな?)」って発表しちゃって盛大に砲爆撃でもして殲滅しちゃえばよかったのにと思うのだが。どうせ向こうから「うちの工作員です」なんて言える訳ないんだしw
言ったら言ったで国際世論で袋叩きになるし。韓国だと流されて座礁しただけですとか言い訳できても日本じゃありえんっしょ。

バカ正直に対応するから面倒な事になる。現地に居る工作員は内実テロリストと大差ないんだから、介入の口実(日本を揺さぶる蠢動の余地)を与えずに解決することが最優先でしょ。限りなく北の工作員の可能性が高くてもあくまで推定で確定じゃないんだし。

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter