« 08月29日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 09月05日のココロ日記(BlogPet) »

ちょっと違うよね

ネタとしてはちょっと古くなっちゃったけど、この記事(若者がモノを買わない理由--インターネット依存、低い上昇志向・・・)の元ネタPDF(若者がモノを買わない要因の考察と消費を促す方法論)を読んできました。肝心な所は割愛されてて完全版を取り寄せないと読めないで読んでないけど、あれなんかちょっとズレてるよね。言いたい事は記事のコメントや他のコメントでほぼ言い尽くされてるけどw

調査対象が首都圏在住のM1・F1層で、私は地方在住のM1層だけど、

>将来に対する不安→将来に不安を抱いているM1、F1は、貯蓄志向が高い。したがって消費力は低い。
これはまあいい。というか当然として、

>低い上昇志向→上昇志向を持たないM1、F1は、いいモノを欲しいという欲求が低い。したがって消費力は低い。
これは違うなぁ。いいモノをほしいという欲求が低いって事は無いと思うぞ。そもそもいいモノの定義はなんよ?売る側と買う側でいいモノに対する認識にズレがかなりあるんじゃなかろうか。かつ買う側の”いいモノ”の認識に大きなばらつきがあるように思うけど。売る側が勝手にこれはいいモノだ、チーンなんてやってても買う側がそう思ってなければ売れるわけが無いわな。

>固定化された人間関係→交友関係の開拓意欲が低いM1、F1 は、他人に触発されてモノを買う経験が少ない。したがって消費力は低い。
これなんて、私なんかは他人と同じものとか持ちたくないがなw
あの人のようになりたいと思うのは勝手だが、その挙句巷におんなじようなのが溢れかえったらかぶりまくりで目も当てられんでwww
そうなったらそうなったで流行に流されて、とか個性が無いとか言って叩くくせにw
私等が他人に触発されて買うったって、その商品自体に魅力を感じなきゃダメでしょ。あと同じ物を買う事に意味があるとか。いくら携帯ゲーム機が人気で欲しいと思っててもDSやPSPじゃなくて今更ゲームウォッチ(古っ)買ってくる奴とか滅多に居ないだろw

>漠然とした結婚意識→結婚想定時期が遠いM1、F1は、今やりたいことをやっておきたい意識が低い。したがって消費力は低い。
これは逆だと思うが。結婚したら金掛けたくても掛けられなくなるんだから。むしろ結婚を諦めてる奴は消費力とやらが高いんじゃなかろうか?結婚を意識するほど将来を見込んで節約せなならんし、結婚する気がなければその分消費に回りやすく、相手すら居なければ尚更消費に回しやすくなると思うんだが。

インターネット利用時間についてはF1層はわからんが、
<M1層>→インターネット利用時間が長いM1は、情報が多すぎて調べるのが面倒になり、購入を中止した経験が多い。したがって消費力は低い。
これも違うなぁ。
×情報が多すぎて調べるのが面倒になり、購入を中止
○調べれば調べるほど必要の無いゴミと確信できて、購入を中止
だとおもうぞ。欲しいかなと思う>調べてみた>これならやっぱ必要ないやor思ってたのとなんか違うや>購入中止
これでしょ。要は消費行動が賢く堅実になったって事だと思うけど。のせられてホイホイ衝動買いしてゴミの山を築くよりどんだけましかと。金が無いのにとりあえず買うとかありえねぇよ。

まあぶっちゃけ金が無い暇が無い金も暇も無いのどれかが原因だってw
PDFのP4にもあるじゃないの。”「モノを買わなくなった」と言われているM1・F1でも、消費金額は分散していることが分かる。すなわち、「消費力」が低い若者は当然いるものの、「消費力」が高い若者も存在しているのである”って。消費力とやらが高い人はどういう人なのかをよく分析する方が先なんじゃないの?金持ちじゃなければ、ほいほい衝動買いするバカか節制を知らない浪費家か宵越しの金は持たない系or趣味に全部つぎ込んでも悔いは無い系のどれかだと思うけど。そういうのは消費者としては健全といえるのか?

最後の方に消費力が低い層に消費してもらうための有効なアプローチについても、結局の所対症療法にすぎず、あっちが増えればこっちが減る式のシーソーゲームで消費力とやらのパイ自体は変わらんのじゃないかな。もしパイ自体が増えたとしたらそれは消費者の財務健全性を損ねた結果か、でなければ景気がよくなって消費余力自体が増えたからだろうよ。
結局の所消費力とやらを根本的に高めるには景気が良くなって果実が所得にも還元される、具体的に言うと若者にも金が入ってきて懐が豊かになる、に尽きると思うけど。あと余暇系を増やしたければ暇も。金があっても暇がなければ使えんし、金を使う体力的・精神的余力が残ってなきゃ使えんデスヨ。泥のように働いて瀕死の人にやれそれ金使えと言ってもねぇ。しかも金も無い日にゃどうしろとw
根本から変える気が無いなら素直に金持ちを狙えって。ろくに金出さないのにお前は消費増やせとかどんだけムシがいいのかと。金持ってる奴が金出せよ。貧乏人には余力はねぇよ。金持ちが”社会的に”上手に金使わないと金は回らんのよ。

あと大事なのは、とうの昔にこの世代は量的な価値観から質への転換がおきてると思うんですよ。もてるものがかなり限られたんだから、その中で効用の最大化を目指せばそうなりますわな。しかも質的価値観への転換といっても価値観自体が細分化されてるし同じように見えても個々人で微妙に違うんですわ。なんていうんだろ、内的価値観というかなんというか。
質といっても単純にカタログスペックが高ければ良い訳じゃないし。自分にとってよいモノが他人にとってもよいモノとは限らないしその逆もまた真なんですよ。他人がボロクソに評価してても自分がよいと思ったモノは評価するのがこの層だと思うけど。逆に評価のきっかけがなければ無いのと同然だけどwそこが興味あるのにはのめり込むがそれ以外には徹底して興味が無いってのに繋がるんだろうな。そういう意味では固定化された人間関係~ってのは間違ってはいないとは思う。きっかけが少なくなるという点では。それでも個々人の価値観というか生活テーマというかそういうのからズレたモノは評価されないのは変わらないだろうけど。
まあ消費力云々の前提はあるにしても、まず供給側は旧態依然とした生産体制とマーケティングを引きずってるからM1・F1へうまくアプローチ出来ないんじゃなかろうかと。
アプローチの所にそれらしきのがあるけど、キーワードは納得感?ただ限定感は納得感に対しては諸刃の剣だと思うよん。あと”どんなに素晴らしい自分になれるのか”ってのは外的ガジェットに過ぎなくなるんじゃなかろうか。それを力説するのは衣の下の鎧というかかなんと言うか、なんかいやらしさが透けて見えてやな感じよね。むしろ”どれだけ「なりたい(ありたい)自分」に近づくのに資するのか”でしょ。もっともそれがあればの話ではあるけど。

結論:金よこせ、暇よこせ、まず”魅力”あるモノ出してから言えやボケェ

あとこれだけはもう一回言っとく。限定商品のやり過ぎは反感が増えるからやめとけw

« 08月29日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 09月05日のココロ日記(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184855/42338737

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと違うよね:

« 08月29日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 09月05日のココロ日記(BlogPet) »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter