« 05月05日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | ばったもん »

結局遠出できず

今年のGWは軽く遠出してこようかと思ってたのだけど、前から休むってたのに仕事持ち込む困ったさんのおかげでろくに外出できませんでしたよっと・・・orz
毎度毎度同じ事繰り返すのでほんと怒鳴りたくなりそう。

P1 しかたがないので仕事ついでにいける柞原八幡宮に久しぶりに寄ってみました。ここが豊後の一宮。・・・まあ西寒田神社も一宮なんですがね。こっちの方が古いし。でも国府に近いし大友氏やら歴代府内藩主やらに保護されてたんですわ。

P2

  P3_2 P4

この門の内側にたぶん中国の故事に基づく場面の彫刻があるのだけど、この門にも落書きやら傷をつけて名前刻んだりしてある。バカメ。文化財を大事に出来ん奴はマジ氏ね。来るな。ほんとそう思う。

P6 大友宗麟奉納の大太鼓なるものもあるデスヨ。ほんとかどうかは知らんがね。開運大太鼓と書いてあるし優しく打っていくのが普通。打ったら賽銭も置いてってねと書いてアリマス。修繕代デス。

P5_3 P7_4

古い大型の絵馬なんかも飾ってあります。だいたい江戸時代のものがほとんどのようですが。1枚明治時代のがあったな。それか年号無し。

P8_2 これなんか弘化2年(1845)のもののようですな。
弘化というのは天保年間と嘉永年間の間の年号。他の絵馬も文政とか江戸後期のものが多いみたい。

P9 これなんか面白くて測量術に関する奉納絵馬みたい。森山流等術測量って書いてあるように見える。和算の計算結果の絵馬を奉納するのは聞いた事あるけどそんな感じのものなんでしょうな。
ちなみに慶応2年(1886)のものみたい。江戸時代最後の年号で全くの幕末ですな。ちなみにこの年に五稜郭が完成したそうで。
ちょっとググってみたが、森山流というのは算法と測量術を扱ってるみたい。岡藩の古荘敬一郎という人が「府内藩の佐藤萬里に就き、森山流の算法と測量術を究めた」という記事が出てきた。絵馬の右の方にも佐藤なんとか(薄くて読み取れねぇ)とあるし関係者っぽいな。佐藤某の右が門人、その右にまた名前があってよく読めないが源番之とかなんとか書いてあるけどお師匠さんの名前なんだろな。で、一番下のずらずら書かれてる名前が佐藤某の門人と。

P10

こっちは棒火矢が奉納してありますな、ってこれじゃもう絵馬じゃないじゃないかw
7貫目と3貫目のもののようです。こっちは嘉永7年。嘉永年間は弘化年間と安政年間の間で、嘉永6年にはペリーの浦賀来航があった年。激動の時代の幕開けの年間ですな。
やっぱりペリー来航の騒動を受けての奉納なのだろうか?
ちなみに荻野流のもののよう。江戸時代を通じて最も流行した砲術流派らしい。

こう見ると古い絵馬を見てまわるのも結構面白いもんだな。意外と楽しめたデスヨ。

« 05月05日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | ばったもん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184855/41139816

この記事へのトラックバック一覧です: 結局遠出できず:

« 05月05日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | ばったもん »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

twitter